2011/11/12

#438 マリリンバーガー 11/11/08

かつて栄の「パルコ」の近くにあった
「サロンマリリン」

「ステーキの神戸屋」が経営する「サロンマリリン」では
名物の「マリリンバーガー」が人気で、
「値段は高いが、ステーキ屋が経営するだけあって肉がうまい」
と、評判が高かったそうです。
ネット情報によると、2004年頃に閉店しまったそうですが、
今でも復活を願う書き込みがあったりと、
伝説のハンバーガーとなっています。

そんな「マリリンバーガー」が、多くの要望に答えて
今回復活されたという情報を聞き、さっそく行ってきました。


今回マリリンバーガーが復活したのは、
「ステーキの神戸屋 名鉄店」

7

場所は名鉄神宮前駅のすぐ前にある
パレマルシェ神宮前店。
5Fにあるレストラン街の一角に、お店はあります。

8

「マリリンバーガー」の大きな幟が目印です。

「ステーキの神戸屋」は、創業50年を越える老舗で、
中川区八熊通に本店があります。
ステーキはもちろん、すき焼やハムなどこだわりの肉料理から
車エビフライやビーフシチューなどの洋食まで揃う、
本格的ステーキハウスです。

5

落ち着いた雰囲気の照明に、
いつまでも座っていたくなるふかふかのソファ、
まさに高級レストランのような店内です。

6

メニューを見てみると、
「マリリンバーガー」の他に、
「ミートサラダボール」や「ステーキサンドウィッチ」など
かつての「サロンマリリン」での人気メニューが数多く復活しています。

オーダーは、店内入ってすぐにある自販機でチケットを購入。
カウンターでお店の人に手渡し、できあがりを待ちます。
この食券制システムも、かつての「サロンマリリン」と同じだそう。

1

「マリリンバーガー」

4

テイクアウトと店内で食べる場合は300円の違いがありますが、
これはポテトとつけあわせのコーンがセットで付くため。

2

そしてこちらがマリリンバーガー。
パティにはチーズが絡み、目玉焼き、ベーコン、
野菜はトマト、千切りキャベツとニンジン。

3

150gのパティはビーフ100%。
ステーキ店が作るバーガーだけあって、
肉には絶対の自信があるとお店の方もおっしゃっていました。
噛むと溢れんばかりの肉汁がじわーっと広がり、
同時に濃厚な肉の旨みが口いっぱいに広がります。
とろけるようなやわらかさはハンバーグのようですが、
味はステーキのような美味さです。

ソースはお店でも使用しているステーキソース。
ガーリックチップの香りがいいアクセントになっています。
このステーキソースが、パティにはもちろん
ベーコンや野菜にもいい具合に味が染み込んで、
誰もが好きな味わいに仕上がっています。

その野菜ですが、たっぷりの千切りキャベツ、そしてニンジンは
トンカツ定食の付け合わせにありそうな具合。
ですが、このキャベツの少し強めの"ザクザク"した食感がいい感じ。
やわらかくジューシーなパティだけに、
これだけだと食感がなくなってしまいますので、
全体的にとてもバランスよくなる重要な役割になっています。
食感というのはどんな食べ物でも大事ですよね。

かつて栄にあった「マリリンバーガー」、
懐かしく思い出す方も多いかと思います。
ぜひもう一度、ステーキの神戸屋名鉄店で
あの「マリリンバーガー」を味わってみてはいかがでしょうか。

●SHOP DATA●
住所 愛知県名古屋市熱田区神宮3-6-34 パレマルシェ神宮前店5F
営業時間 10:00~21:00 (lo.20:30)
定休日 無休


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。