--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/09

とっとりでご当地バーガーを盛り上げよう!東海・関西からハンバーガー界の巨匠を招いた「とっとりバーガー応援プロジェクト」

IMG_8285.jpg

今年は10月11日・12日に開催される、
ご当地バーガーの祭典『とっとりバーガーフェスタ2015』
これは、全国からご当地バーガーで地域を盛り上げるべく活動されている団体が集結し、
全国NO.1のご当地バーガーを決めるグランプリ大会です。

「とっとりバーガーフェスタ 公式HP」http://www.tottori-bf.jp/

今回ご紹介するのは、
鳥取県内のご当地バーガーを支援する『とっとりバーガー応援プロジェクト』
これまでとっとりバーガーフェスタの開催地であるにも関わらず、
未だグランプリが誕生していない鳥取県。

そこで、グルメバーガー専門店のシェフを招き、
直接アドバイスをしていただこう
という事業です。

「東海ハンバーガー協会」では、今回のプロジェクトの主催者である「NPO大山王国」から依頼を頂き、
東海エリアから、このプロジェクトの主旨に見合ったシェフをご紹介させて頂きました。
そして今回、プロジェクトの第1回目の講義にお邪魔させて頂くことができたので、
講義の様子をご紹介したいと思います。

IMG_8194.jpg

朝9時の名古屋駅。これから鳥取県米子市へ向けて出発です。

IMG_8213.jpg

名古屋から米子までは、新幹線と特急を乗り継いで、約4時間。
長旅です・・・

P7086721.jpg

このプロジェクトにお招きするシェフとして、東海ハンバーガー協会がご紹介させていただいたのは、
「JACK's KITCHEN」の牛久保明日香さんです。

あくまでも肉をメインにした「肉料理」としてハンバーガーを提供されていて、
さらに女性シェフならではの見た目の美しさ、常識にとらわれない斬新なアイデア。
そういったものが、きっと「ご当地バーガー」というものにもマッチしていくのではないかと思い、
今回ご紹介させて頂きました。

P7086712.jpg

西宮市「エスケール」の三澤孝夫さん。

「グルメバーガー」という言葉が浸透する遥か以前から、
食事として満足することができるハンバーガーを追求してお店で提供され、
今や関西を代表するハンバーガーの名店であり、大人気店である「エスケール」を作り上げてこられた方です。
三澤さんは今回、兵庫ハンバーガー協会会長の隼人さんの紹介で、このプロジェクトに共にご参加頂きました。

IMG_8229.jpg

IMG_8237.jpg

P7086733.jpg

まずは実際に「JACK's KITCHEN」「エスケール」のハンバーガーを参加団体の皆さんに試食して頂き、
「本格的なグルメバーガーとはこういう食べ物だ」というのを
知っていただくところからスタート。

IMG_8242.jpg

P7086740.jpg

未だにファストフードの延長というイメージが強いご当地バーガーに対して、
ご当地バーガーとグルメバーガーの垣根を越えた存在にまでレベルを上げていって欲しい。
これが知名度向上やブランド化に繋がっていき、しっかりと地域に根付いていくことで、
真のご当地バーガーの聖地が創られるのではないでしょうか。
これは決して鳥取県だけではなく、
全国のご当地バーガーで地域を盛り上げていこうと頑張っていらっしゃる団体の皆さんに言えることだと思います。

IMG_8261.jpg

IMG_8257.jpg

続いては、参加団体の皆さまに実際に現状のご当地バーガーを作っていただき、
牛久保さんと三澤さんの率直なアドバイスと、
ハンバーガーを作るノウハウを伝授されていきました。

IMG_8254.jpg
※写真のバーガーと以下の文章とは関係ありません

今、私が考えるご当地バーガーに対しての課題が「見えない・味わえないメイン食材」。
現状のご当地バーガーは、地産地消の食材をとにかくたくさんトッピングし、
ソースで味を整えた、いわば食材を積み重ねただけの食べ物なのです。
ハンバーガーとは、そんな単純な食べ物ではなく、
ひとくちですべての食材が口の中に入ることは、食材やソースのバランスが非常に重要になってくるのです。
どれかひとつの食材が際立つだけで、全体の味のバランスが崩れてしまいます。
それだけハンバーガーとは繊細なのです。

IMG_8279.jpg
※写真のバーガーと以下の文章とは関係ありません

何かひとつ「メインとなる食材」を明確にし、メイン食材をシンプルに美味しく味わっていただくためにどのようにハンバーガーとして完成させていくか。
メイン食材を「味わえる」「引き立たせる」「見せる」この3点が重要になるのではないかと思います。

メイン食材を中心に個々の食材とのバランスを保つことで、
メイン食材の素材の味を「味わえる」
ソースは味を整えるのではなく、メイン食材を「引き立たせる」
ハンバーガーを見た時の色合い、立体美、そして一目でわかるよにメイン食材を「見せる」

IMG_8268.jpg
※写真のバーガーと以下の文章とは関係ありません

ハンバーガーとは決して食材を重ねれば完成するものではない。
いかに繊細な計算とこだわりがあり、ひとつの料理として成り立つことで、
お客さんに認めてもらえる、満足してもらえる。
これが今のご当地バーガーに訴えたい課題でした。

IMG_8284.jpg

この「とっとりバーガー支援プロジェクト」を通して、
鳥取県内のご当地バーガー団体の皆さんの心にハンバーガーに対するアツい炎が燃えてくれれば、私も参加させて頂いた甲斐があったと思います。

本選ではどのようなご当地バーガーが並ぶのか、今から楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。