--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/15

【とっとりバーガーフェスタ2015 総評②】「味のクオリティ」を軸に「地域との連携」「今後の継続性」へのビジョンが見える注目のご当地バーガー

IMG_2801.jpg

10月11日、12日に鳥取県大山博労座を会場に開催された「とっとりバーガーフェスタ2015」。
北は北海道から南は沖縄まで、31のチームが集結し、来場者と審査員の投票により2015年のご当地バーガー日本一が決定しました。

続いては、「味のクオリティ」を軸に「地域との連携」や「今後の継続性」へのビジョンが見える、私が注目したご当地バーガーをいくつかご紹介したいと思います。

IMG_2591_201510142023115d8.jpg

IMG_2634_201510142023290fc.jpg

【「奥日野きのこのコンフィバーガー」鳥取県日野町 BUBNOVA×しいたつ】

総合第2位と特別賞「いちばん美味しかったバーガー賞」を受賞。
この特別賞は私たちハンバーガー協会が中心となって、ハンバーガーとして純粋に一番美味しかったバーガーを選ばせて頂きました。
メインとなる食材は「原木干ししいたけ」。
これは日野町の若手しいたけ農家が栽培し「しいたつ」の名でブランド化しようと取り組んでいる、日野町特産の原木しいたけです。
このしいたけの味を前面に出すように、コンフィにした干ししいたけを大葉でジェノベーゼ。
チーズはリコッタチーズ、パティは3種の部位を手でチョップしたビーフ100%。
肉の旨みが濃厚に広がる中にしいたけが味が前面に出てきて、それぞれの食材が口の中でバランスよくハーモニーを醸し出す。
今まで食べてきたご当地バーガーとは違う「グルメバーガー」と呼べるご当地バーガーがそこにはありました。

--------------------------

IMG_3031.jpg

IMG_3124.jpg

【「米子バーガー贅 鳥取和牛のパティと焦がし燻製醤油のベーコン」鳥取県米子市 伯耆ノ国三ツ星食材プロジェクト】

総合第7位。
ビーフ100%パティに、まぐろ魚醤を使ってスモークしたベーコン。
ブロッコリーのピクルスにご当地らしいオリジナルさを出しつつ、正統派のグルメバーガーを追求した「米子バーガー贅」は1つ1000円(とっとりバーガーフェスタ時の価格)。
肉らしい食感と旨み広がるパティに、普段食べるものとは全く違う風味が広がるスモークベーコンに新鮮さと驚きを感じ、全体のバランスもしっかりと整えられています。
1000円出しても味・ボリュームともに満足できる、まさにグルメバーガーでした。

--------------------------

IMG_2621.jpg

IMG_2624_20151014202328740.jpg

IMG_3084.jpg

【「NEW大山Gバーガー 大山豚のやわらかステーキ クロケット野菜ソースバーガー」鳥取県伯耆町 大山Gビール ビアホフガンバリウス】

総合第5位。
鳥取県を代表する地ビール「大山Gビール」が味わえるレストランで提供される「大山Gバーガー」は1つ700円(とっとりバーガーフェスタ時の価格)。
メインとなるのは大山豚を使ったステーキ。
これをクロケットの中に入ったラタトゥイユが豚の旨み甘みをより引き立てるのです。
口の中で噛むとクロケットが割れた瞬間、熱々のソースが広がる新感覚。
ビールと合わせて飲みたいしっかりと主張する味。
大人向けの方向性は自然と、レストランでも提供できるクオリティとオリジナリティーを生み出していました。

IMG_3090_20151014202418ba5.jpg

「大山Gビール」も美味しかったです。

--------------------------

IMG_3041.jpg

IMG_2810.jpg

【「大山僧兵バーガー“禅”」鳥取県大山町・米子市 伯耆ノ國大山開山1300年精進料理開発部】

総合第9位。
『日本代表精進ライスバーガー』のテーマの通り、敷居が高い意識のある精進料理を手軽に親しみやすく、日本人だけでなく外国人に向けても食べて頂けるようなカタチとして、まさに「日本代表」と呼べるライスバーガー。
大山おこわバンズ、精進うなぎ、生湯葉、山うどの金平、どの食材もバランスよく主張ししっかり味を感じる事ができる。
3年後の2018年「開山1300年」を迎える「大山寺」の魅力と伝統の精進料理をPRするのにふさわしいご当地バーガーでした。

--------------------------

IMG_2556.jpg

IMG_2558_20151014202310bf6.jpg

【「高槻バーガーSP」大阪府高槻市 ティーズスターダイナー】

「高槻バーガーSP」は総合入賞は逃したものの、グルメバーガーと呼べるご当地バーガーはまさにこの「高槻バーガー」だと思います。
本格的なビーフ100%パティ、エッグ、野菜、BBQソース。
正統派を貫くハンバーガーに、高槻寒天を使ったBBQソースや、高槻で栽培されているイメージがないトマトや卵など、「へぇ〜」と呼べる高槻の新たな魅力が詰まったハンバーガー。
高槻市の皆さんを巻き込んだ何か取組がもっと進めば、入賞は間違いないと思います。

--------------------------

IMG_3027.jpg

IMG_3005.jpg

【「明石原人バーガー」兵庫県明石市 桧亭&とりどり】

「明石原人バーガー」が総合入賞は逃したものの、特別賞「山陰いいもの探県隊賞」を受賞。
地元の食材ではなく、明石で発掘された『明石原人』をPRしたいという、変わった切り口に注目。
明石原人が食べたであろう調理法を追求し、ミートチョッパーで叩いた超粗挽きパティ、古代からの食べ物をイメージさせる3種類の木の実。そしていちじくを使った甘酸っぱくフルーティなソース。
クオリティとボリュームの満足感はグルメバーガーにかなり近いと思います。
もう一歩、価格を上げても、食べてみたくなるような『プレミアムさ』を感じられる見た目、ハンバーガーとしての味のバランスの改善に期待を込めたいです。

--------------------------

IMG_2648.jpg

IMG_3015.jpg

【「上林鶏のつくねバーガー ヘルシー♪黒枝豆ずんだ&桑の葉バンズ!」京都府綾部市 綾部高校東分校×あやべ温泉】

「上林鶏の枝豆つくねバーガー」は総合入賞は逃したものの、頑張っていた女性に送られる「ミスバーガール賞」を受賞。
綾部高校の女子高生が課題研究授業のテーマとして、あやべ温泉と共に商品開発やPRに取組んでいます。
過疎化が進む中若者と共に地域を盛り上げる取組みは、ご当地バーガーの新たな可能性を見出したものだと思います。
上林鶏のムネ肉を使ったつくね、黒豆枝豆をペーストにしマヨネーズと和えたディップ、トマトジュースを使ったジュレ。
女性のアイデア満載のヘルシーバーガー。
そして価格は高校生でも買いやすいように、ムネ肉を使用したり規格外の枝豆を使うなどして価格を抑制。
コンセプトがしっかりと見える価格抑制は、この先の継続販売の点から考えても評価できると思います。
唯一残念だったのが、水分を多く含んでしまっていたバンズでしたね。
それ以外はとっても美味しく、高校生の皆さんの頑張りがしっかり伝わりました。
来年はどんなバーガーが生み出されるのか、楽しみです。

--------------------------

以上、今回の「とっとりバーガーフェスタ」で私が注目したご当地バーガーをご紹介しました。
もしかしたら来年は、この中からグランプリが生まれる可能性があるかもしれません!

最後は、今年の順位について分析してみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。