--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/23

#387~#405 とっとりバーガーフェスタvol.3 全ご当地バーガーを一挙紹介! 前編

お待たせしました!
「とっとりバーガーフェスタvoi.3」に登場したご当地バーガー
全38種類を、審査の模様とともに一挙ご紹介します。

今回、特別審査員として審査を行ったのは、
モスバーガーの営業本部長様や、「じゃらん」の編集長様、
そして鳥取県の農林水産部の局長様など、
バーガー作り、販売、味の評価、そして地域に関するプロ・識者の皆様。

そして、我らがハンバーガー協会の4人です!

17


まずは、関西代表。

「西日本ハンバーガー協会会長」の薮さん。

薮さんのUstream番組で作ったオリジナルキャラクター

「バガ美ちゃん」もご一緒です!


16


つづいて、関西の中でもさらに深く(笑)兵庫県代表。

「兵庫ハンバーガー協会会長」の隼人さん。

(隼人さんすみませ~ん!こんな写真しかありませんでした~笑)


はるばる東京から来られたのは、関東代表。

「東日本ハンバーガー協会会長」のシンゴさん。

(すみませ~ん!写真・・・ありませんでした~笑)


25


そして私、東海地区代表。

「東海ハンバーガー協会会長」のmasaです。


それでは、ご当地バーガー全38種類を

簡単な感想とともにご紹介します。

(順番はエントリーナンバー順です)


1.「別海ジャンボホタテバーガー」 別海ジャンボホタテバーガー地域活性化協議会

グランプリ第1位


20


春巻きに包まれているのは、

別海町野付半島沖で獲れた「ジャンボホタテ」がまるごと一個。

ホタテを春巻きで包むことにより、パリッとした食感とともに、

ホタテの旨みを逃がさず味わうことができるのです。

バンズには「生乳生産日本一」を誇る別海町産の牛乳を使用。

地域食材のこだわりや地域との連携など、

どこにも負けない強い「地域愛」を感じたバーガーでした。

「別海ジャンボホタテバーガー公式HP」 http://jumbomilk.com/ 


2.「水戸ちゃあしゅうバーガー」 ちゃあしゅう屋


24


茨城県の銘柄豚「ローズポーク」を100%使用した自慢のチャーシューが

「どーんっ!!」とのります。

驚くほどに肉厚で、やわらかく濃厚な味も染み込んでいます。

つい先日には水戸駅前に待望の固定店舗をオープンされ、

茨城では熱く注目されているご当地バーガーです。

「ちゃあしゅう屋HP」 http://www.chashuya.com/ 


3.「スーパープレミアム白馬ーガー」 白馬サンプソンファーム


21


信州産の小麦粉と白馬村産の米粉を使用したバンズ。

パティには、りんごを食べて育ったという信州牛「白馬アルプスポーク」を使用。

肉の旨みが広がるジューシーなパティはまるでハンバーグのよう。

インターネットでもお取り寄せができます。

「白馬サンプソンファームHP」 http://www.e-tedukuri.net/ 


4.「静岡まぐろバーガー」 Steppin Burger


22


静岡初の移動販売のバーガーショップ「Steppin Burger」からは

静岡県で揚がったマグロを使用したバーガーが登場。

日本有数のマグロ基地「焼津港」で水揚げされた

駿河湾のマグロを使用した特注パティ。

濃厚なマグロの旨みが口いっぱいにひろがります。

大葉や胚芽バンズともマッチし、あっさりヘルシーなバーガーです。

「Steppin Burger HP」 http://www.steppin.jp/ 


5.「近江米バーガー茶漬け うなぎ、近江牛入り石焼ビビンバ」 鰻彩堂


23


「バーガーをお茶漬けで」という、今まで誰も考えたことがなかったような

まったく新しい新感覚バーガー。

半分は「ライスバーガー」として、

そして半分はお茶を注いで「バーガー茶漬け」として頂きます。

米に染み込んだタレの濃厚な味、そしてうなぎもやわらかく美味でした。

「鰻彩堂HP」 http://www.manzaido.com/ 


6.「鶴橋バーガー」 鶴橋バーガー


26


コリアンタウン「大阪鶴橋」の新名物として、関西で話題のご当地バーガー。

白いバンズに挟まるのはたっぷりのカルビ焼肉、

そしてたっぷりの自家製白菜キムチ。

キムチと焼肉はもちろん、バンズともバランスよくマッチしていました。

「鶴橋バーガーHP」 http://tsuruhashi.info/ 


7.「めちゃうま赤松角煮バーガー」 西日本高速道路サービスホールディングス(株)


27


今年の2月に開催された西日本のSA・PAによる「ご当地バーガーコンテスト」で、

見事グランプリに輝いたバーガーが満を持して参戦。

兵庫県産の米粉と丹波産黒豆を使用したバンズに、

自家製の豚角煮と煮玉子をサンドしています。

角煮はやわらかくタレの味も濃厚で、どんどん食欲が進みました。

「NEXCO西日本SHD HP」 http://www.w-holdings.co.jp/ 


8.「神戸牛入り黒毛和牛(A5)のパテと淡路鶏のつくねの2色バーガー」 KOBE GAVLY

28


神戸牛入り黒毛和牛のビーフパティと、

淡路鶏のパティが、ハーフ&ハーフになっています。

1つのバーガーで2つの味が楽しめる、とっても贅沢なバーガーです。

ソースはガーリック、テリヤキの2種類のソースを使用。

野菜の彩りもきれいで、見た目も楽しめます。

「KOBE GAVLYブログ」 http://kobe-gavly.seesaa.net/ 


9.「あわじ島バーガー」 淡路島オニオンキッチン
グランプリ第3位

29


全国3位の出荷率で、糖度が高く甘みがあり肉質も適度に柔らかくおいしい

「淡路島産玉ねぎ」。これを5つの調理方法

(カツ、オニオンスライス、フライドオニオン、オニオンピクルス、玉ねぎのソテー)

でアレンジ。そしてA4以上を使用した「淡路ビーフ」のスライスも。

玉ねぎの甘みがいっぱいに広がり、5種類の玉ねぎと淡路ビーフもマッチ。

淡路島玉ねぎの魅力を存分に楽しめるバーガーです。

「淡路島オニオンキッチンHP」 http://www.m-awaji.jp/onion/ 


10.「津山バーガー」 津山バーガー研究会

30


津山特産の自然薯を配合した、牛、豚、鶏のトリプルミートパティが特徴。

トマトは岡山名産の「桃太郎トマト」。

岡山名産の桃「清水白桃」のジャムをブレンドした、

フルーティーな甘さひろがるデミグラスソースが美味でした。

「津山バーガー研究会ブログ」 http://blogs.yahoo.co.jp/tsuyama_burger 


11.「広島流川コウネ・バーガー」 SUMATRA TIGER

31


「コウネ肉」とは、牛の前足の脇から胸周辺の肉で、

広島では焼肉店・鉄板焼き店に並ぶ定番のメニューだそう。

このコウネ肉を超粗挽きにミンチにしたパティ、

さらに薄切り塩焼きにしたコウネ肉もトッピング。

噛むほどに旨みが広がりとっても美味。ボリュームもしっかりありました。

「SUMATRA TIGER HP」 http://www.sumatratiger.com/ 


12.「とくしまバーガー」 Rich burger factry
グランプリ第8位

32


今年の夏に開催された「とくしまバーガーグランプリ」で優勝した

チャンピオンバーガーが登場。

阿波牛のパティとバラ肉のスライスのWミートに、

すだち塩ダレがさわやかに広がります。

バンズにはほうれん草を練り込み見た目にもインパクトを。

「とくしまバーガー協同組合HP」 http://www.tokushima-burger.com/ 


13.「内子豚もろみ焼バーガー」 内子フレッシュパークからり

33


地元のSPF豚「内子豚」を使用し、

町内の醸造所で製造されたもろみ味噌をベースにアレンジした

特製もろみソースが味の決め手に。

内子豚の旨み、もろみソースの甘さが絶妙にマッチしていました。

内子町内にある道の駅「内子フレッシュパークからり」で頂けます。

「内子フレッシュパークからりHP」 http://www.karari.jp/ 


14.「洞門バーガー」 本耶馬渓町商工会青年部


34


まず真っ黒なバンズのインパクトに驚くと思います。

この黒の正体は、地元産の竹炭。

地元の観光資源である「青の洞門」「競秀峰」の岩石をイメージして作られています。

パティは「耶馬渓黒豚」を100%使用。

あっさりとしていて、旨みもしっかりありました。

「洞門バーガー公式HP」 http://www.doumon.com/burger/ 


15.「なんこつ黒もっちバーガー」 レストランOHANA


35


以前は廃棄していたという鹿児島県産「六白黒豚」のなんこつを

秘伝のたれでじっくり煮込み、

黒酢を使った特製調味料とあわせて仕上げてあります。

やわらかくモチモチした食感がおもしろく、おいしかったです。

「アーバンホテル国分 レストランOHANA HP」 http://urbankokubu.blog.so-net.ne.jp/ 


16.「大山僧兵バーガー 禅」 宿坊 山楽荘、和Cafe&Dining エンヤキッチン


37


大山おこわバンズに挟むのは、宿坊秘伝「精進うなぎ」、

砂丘長芋ステーキ、砂丘らっきょうピクルス、きのこのソテー、

そして湯葉入り柚子胡麻マヨソース。

精進うなぎとは、うなぎの蒲焼きに見立てた豆腐。

大山名物の精進料理が手軽に味わえる、究極のバーガーです。

「エンヤキッチンHP」 http://plaza.enya-kitchen.jp/ 


17.「大山どり ワインに包まれて」 BOULANGERIE LE Lien


38


地元鳥取県米子市の人気パン店が出す、

ハイグレード層を狙った本格的バーガーです。

鮮やかな色のバンズ。実は、県中部の名品「北条ワイン」を使用しています。

ふわっとやわらかな生地に、ほんのりワインの酸味が広がり、美味。

「大山どり」は同じく北条ワインと一緒に焼き上げ、日南町産の旬の野菜も使用。


18.「大山パークウェイ ハーブチキンの南蛮バーガー」 キッチン ノスタルジア


39


「大山ハーブチキン」を特製タレに漬け込み、

パン粉、アーモンド、コーンフレークの3種類の衣で揚げてあります。

タルタルソースには弓ケ浜産の白ネギを使用、南蛮酢はジュレ状に仕上げた

こだわりのWソースです。

地元に対する思いを強く感じたお店のひとつでした。

「キッチンノスタルジア ブログ」 http://blog.zige.jp/nostalgiya/ 


19.「妻木黒毛和牛A4バーガー」 Bar Passeggiata

グランプリ第9位


40


2010年のとっとりバーガーグランプリで最多投票数を獲得したバーガーが、

さらにレベルアップして登場。

「伯耆黒毛和牛」のA4以上を使用したパティは、とてもやわらかく

肉の旨みがしっかりと広がります。

ソースは淀江産「どんぐり味噌」を隠し味として使った特製デミグラスソース。

味噌の濃厚な甘さと、どんぐりの香ばしさが、いいアクセントになっていました。

「Bar Passeggiata HP」 http://barpasseggiata.seesaa.net/ 


###


ここまで半分の19種類をご紹介しました。

バーガー紹介はまだまだ続きますよ~!!


つづく・・・

→「とっとりバーガーフェスタvol.3 全ご当地バーガーを一挙紹介! 後編」

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。