--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/25

#425 フルーツバーガー「マンゴー」(フレッシュネスバーガー) 11/10/13

10月に入って街中もすっかり「ハロウィン」一色ですね。
ここフレッシュネスも例外ではありません。

8


そんな「フレッシュネスバーガー」では

10月8日から数量限定で

「フルーツバーガー」が登場。

その第一弾として使われたフルーツ、それは「マンゴー」


12


「マンゴー」の原産地はインドや東南アジア。

日本では沖縄、宮崎、鹿児島、熊本、和歌山などで生産されています。

今回フレッシュネスで使用されるマンゴーは

タイ チェンマイ産の、アップルマンゴーの一種である「マハチャノック種」。

2006年に輸入解禁になったばかりのめずらしい品種だそう。

ビタミンCはリンゴの約5倍、葉酸はみかんの約4倍、Bカロチンはバナナの約10倍と

栄養満点のマンゴーは、美容と健康にも効果的です。


マンゴーバーガーが来るのを待つ間、

まずはアイスコーヒーを一杯・・・


3


フレッシュネスのアイスコーヒーは、

有機栽培の珈琲豆を使用し、フレッシュロースト製法で

少量ずつ丁寧に直火焙煎したオーガニックコーヒー。

コクがあってマイルドな苦みが特徴です。


7


フライドポテトにもこだわりがあって、

北海道の契約農場で収穫した「北海コガネ」のみを使用。

皮つきのパリッとした食感、中はホクホク。

甘みが濃厚で、非常においしいフライドポテトです。


ほどなくして、バーガーがやってきました。


5


「フルーツバーガー(マンゴー)」


パティは、「クラシックバーガー」にも使われている

113gのクォーターパウンドパティ。

そんなパティ以上に存在感があるマンゴー。


6


贅沢に1/2個をドーン!とトッピング。

マンゴーの風味と濃厚な甘みが口の中いっぱいに広がります。

食感は、驚くほどトロトロでなめらか。

そんなマンゴーにパティの旨みが絡み合うと、これが絶妙にマッチ!

アツアツのパティと、冷たいマンゴーのコントラストも印象に残ります。

野菜はグリーンカール、オニオンとシンプルに。


パティとマンゴー、

一見疑問に思いそうな組み合わせも、

食べてみると見事にマッチしバランスもよく、おいしかったです。

特にマンゴーのなめらかな食感は、クセになりそうです。


「フルーツバーガー(マンゴー)」は、数量限定発売です。

気になった方はお早めに!

そして第二弾も楽しみです!


「フレッシュネスバーガーHP」 http://www.freshnessburger.co.jp/

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。