--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/25

#453 SMASH HEAD

P2245861.jpg

「SMASH HEAD」


より大きな地図で 東海 HAMBURGER MAP を表示

住所 愛知県名古屋市中区大須2丁目21-90
営業時間 12:00~24:00
定休日 火曜日
URL http://www.smashhead.com/

「SMASH HEAD」があるのは
大須観音の"裏側"と言っていいのでしょうか。
仁王門通りなどといった
賑やかな雰囲気からは一歩遠ざかった場所。

P2245869.jpg

伺ったのは平日の昼間。
のんびりとした空気が流れていました。

P2245867.jpg

写真からは少し見にくいですが、
店先に並べられたバイクは
「vespa(ベスパ)」と言われるバイク。

そう、こちらのお店は
昼間はカフェ、夜はパブ、
そしてvespaといったバイク修理も扱う、
3つの顔を持ったお店なのです。

そもそも「vespa(ベスパ)」とは何か・・・
残念ながらバイクには全く無知な私。
そこで、困った時の百科事典
"wikipedia"で調べてみました。

450px-Vespa_scooter2.jpg
(wikipediaよりお借りしました)

『ベスパ (Vespa)とは、
イタリアのオートバイメーカー
「ピアジオ」が製造販売するスクーターの製品名。
ちなみにベスパとはイタリア語で"スズメバチ"を意味する。
1946年に登場。
スチールモノコックボディ、
駆動部までふくめて一体化されたスイングユニットのエンジンなど
当時としては画期的だった。
ベスパ(スズメバチ)の由来となった
2ストロークエンジン+ハンドシフトによる
マニュアルのエンジン音。このエンジン音が、
ハチが「ブンブン」飛ぶ音に似ていることから
この名前が付けられたそう。
日本においては、その独特のデザインと
映画、ドラマ等に使用された事により人気を呼んだ。
国産車と比較して、旧式の機構から
「壊れやすい」「操作が難しい」といったイメージがあるが、
本来耐久性は高く、手入れをしてあげれば壊れることはないそう。』


イタリア製のおしゃれでかわいらしいバイク!
私もいつか乗ってみたいですね!

###

さて、話を戻しまして・・・

グリーンの扉を開けて店内へ。
入ってすぐ正面にあるショーケースには、
手作りのスコーンが。
もちろんオーダーしました(笑)

右側にはキッチン、カウンター席。
左側にはテーブル席が並びます。
奥にもソファー席が並ぶのが見えますが、
こちらではvespaの修理などをする作業場を兼ねているそう。

vespaやバイク関係の雑誌などが所狭しと置かれ、
それ好きな人にはたまらない空間でしょう。

メニューを見てみると、
バーガーは4種類。
ベーシックな「ハンバーガー」や「テリヤキバーガー」、
そして名古屋らしく「ダブル味噌かつバーガー」なるものまで。
他に、ホットドックやタコライス、
ナポリタンとライスが融合した「ナポめし」など。
バーガーやホットドックには"特大"という文字が並び、
ボリュームを期待できます。

今回は一番ベーシックであろう
「ハンバーガー」を頂くことに。

P2245864.jpg

「ハンバーガー」

ファイヤーキングの皿にのって登場。

名は「ハンバーガー」ですが、
実際は「ベーコンエッグチーズバーガー」。
パティ、レタス、トマト、
他にチーズ、ベーコン、半熟のエッグまでトッピング。
大きさもさることながら、
中身までボリュームがあります。

P2245863.jpg

たっぷりの具をしっかりと支えるバンズ。
パティは、合挽肉につなぎなどが入った
いわゆる"ハンバーグ"。
ジューシーでやわらかく優しい味わいに、
どこかホッと落ち着きます。
やはり日本人は"ハンバーグ"が好き♪

オニオンはしっかりとグリルされ、
エッグからは半熟の黄身がとろーりと・・・
チーズは溶かすことなくそのままトッピング。
ベロッとはみ出したベーコンが合わさると、
もうたまらないビジュアル(笑)

###

IMG_8045.jpg

食後はこだわりの珈琲と、
手作りのスコーンを。

"Special coffee"は5種類+マンスリーが1種類。
入れ方も、ドリップとフレンチプレスからチョイスができます。

P2245865.jpg

2月のオススメから
「エチオピア・イルガチェフ G-2」
"フレンチプレス"で頂きました。

苦みはきつくありません。
すっきりとした飲み口で、
まるで花のような
さわやかな心地よい香りが広がります。

「エチオピア・イルガチェフ G-2」調べてみると、
珈琲の発祥の地ともされる
エチオピア・アビニシア高原南部のシダモ地方産。
イルガチェフはエチオピア珈琲の中でも
最高位にランクされ、
モカフレーバーと呼ばれる良質な酸味と
さわやかなアローマ、
そして後に残る芳醇な味わいを持つそうです。

珈琲に興味がある方にもおすすめのカフェです。
機会があればぜひ、夜のパブの様子も伺いたいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。