--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/14

"とっとりバーガーフェスタ2012"当日の会場の模様をご紹介!

pc_1347110310_20121002162010.jpg

10月7日、8日の2日間、
鳥取県の「大山博労座会場」で開催された、
ご当地バーガー日本一を決める
「とっとりバーガーフェスタ2012」

今年の来場者数はまだ発表されていませんが、
昨年は2日間で約4万人が訪れた
日本最大規模のご当地バーガーの祭典です。

今回は、当日の会場の模様をご紹介します。

PA079884.jpg

10月7日、朝。

降り立ったのは、
「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生の故郷として有名な"境港"、
そして中国地方の最高峰"大山"といった
観光地への玄関口となるJR米子駅。

PA079885.jpg

手作りの看板が、
観光客を温かく迎えてくれます。

PA079881.jpg

鳥取県では11月25日まで
「国際まんが博」が開催中。

PA079874.jpg

米子駅前にも、マンガをイラストした
大きなパネルが設置されていました。

PA079880.jpg

「国際マンガサミット」開催までのカウントダウンパネル。
会場となる「米子コンベンションセンター」は
米子駅から徒歩5分のところにあります。

今年は「マンガ」で盛り上がる鳥取県!
詳しくは公式HPをご覧下さい。

http://manga-tottori.jp/mangahaku

###

さて、米子駅から会場の最寄りとなる「大山寺」までは
バスで移動。約50分と、決して近くはない道のりです。

PA079886.jpg

到着した頃はすでに各ブースでは販売が開始され、
多くの人で賑わっていました。

が・・・

標高1729mの大山の中腹に位置する会場。
山の天気は非常に変わりやすく、
雲行きはあやしくなる一方。

PA080060.jpg

この方角にそびえ立つはずの"大山"は
まったくその姿を見せてくれず。

PA079898.jpg

私が会場に到着して10分ほどで、
とうとう雨が降り出してしまいました。

この日はそのまま雨はやむことなく、
時折強い風が体感温度をますます下げてゆくなど、
残念ながら最悪の天候となってしまいました。

###

翌日。

PA080096.jpg

バーガーフェスタ2日目は、
雲は多いものの時折日差しが差し込み、
雨が降ることもなく、過ごしやすい1日となりました。
"大山"は相変わらず姿を見せてくれませんでしたが・・・

PA080372.jpg

PA080371.jpg

PA080100.jpg

会場には多くの人が!

PA080373.jpg

ご当地バーガーを買った後は、
芝生に座って青空のもとバーガーを頬張る!
これぞ「とっとりバーガーフェスタ」の醍醐味です。

PA080093.jpg

実行委員長である柄木孝志さんの
「がんバーガー!」のかけ声で
とっとりバーガーフェスタ2日目がスタート。

PA080063.jpg

とっとりバーガーフェスタを楽しむための重要なアイテムが、
会場内で配布されていた「公式ガイドブック」。
会場案内図や各出展バーガーの紹介などが掲載されています。

PA080099.jpg

会場内では地元FM局「DARAZ FM」が公開生放送。
参加バーガー情報や会場周辺の交通情報などを
FM電波に乗せて発信していました。

バーガーを購入し、バーガーを食べ、
そして最後に向かうのが、この「投票所」。

PA080231.jpg

PA080225.jpg

バーガー購入1個につきもらえる「ビー玉」を
ここでお気に入りのバーガーに投票します。

PA080229.jpg

投票所のすぐそばには、
出展者のPRパネルが設置され、
バーガーの味、そして地域PRを参考に
投票することができるようになっていました。

###

それではせっかくなので、
会場内をぐるっと一周してみましょう。

ちなみに特別審査員の審査では
ブースでのPRや元気の良さ、接客、行列の待ち時間、
といったものも審査の対象になります。

PA080101.jpg

「近江米バーガー茶漬け」の梅村さん。
大きなパネルを片手に
バーガーなのにお茶漬けも楽しめるという
斬新なスタイルをアピール中。

PA080103.jpg

こちらでは「曙バーガー」のキャラクターが
その姿に似合わず軽快にダンシング。

PA080132.jpg

その「曙バーガー」のブース。

PA080138.jpg

ブースの正面、一番お客さんに近い所に鉄板を置き、
目と、そして香りでバーガーをアピール。
パティを焼くこの食欲をそそる香りに
お客さんもつい足を止めてしまいます。

PA080133.jpg

こんな遊び心まで(笑)

PA080112.jpg

"和"の雰囲気で統一された
「大山僧兵バーガー"禅"」

PA080110.jpg

金山寺味噌や塩麹などを使った
5種類の特製ソースの中から
好きなソースをチョイスすることができます。
バーガーはもちろん、このソースも非常においしく、
審査員の中でも好評でした。

PA080114.jpg

グランプリでは見事第3位を獲得した
「水戸ちゃあしゅうバーガー」

PA080118.jpg

こちらもお客さんの目の前に鉄板を置き、
茨城県の銘柄豚「ローズポーク」で作った
肉厚のチャーシューをアピール。

PA080125.jpg

広島からやってきた「宮島地穴子バーガー」

PA080124.jpg

なんと、バーガーに使われている本物の
瀬戸内産地穴子を片手に、店頭でおいしさをアピール。
それにしてもこの穴子、おいしそう・・・

PA080144.jpg

昨年のチャンピオン「別海ジャンボホタテバーガー」
注目は、お客さんをできるだけ待たせることなく
作り立てを提供するためのオペレーション。

PA080140.jpg

某M社の「メイド・フォー・ユーシステム」を
思わせるかのような、オペレーションとチームワークには脱帽。

PA080145.jpg

もちろん地元である"別海町"についても大々的にPR。
さすが昨年のチャンピオン、隙がありません。

PA080148.jpg

愛媛県からやってきた「内子豚もろみ焼バーガー」
今年は"Premium"になってバージョンアップ。

PA080156.jpg

ブースの前に並べられた
野菜のレプリカがかわいらしくて、パチり。

PA080169.jpg

あれっ?
こんな所に木を置いたのは誰ですか?
列のじゃまになりますよ。

PA080172.jpg

いやいや、これはただの木ではありません。
なんと貴重な原木栽培で作られた「シイタケ」
原木のまま展示して、バーガーをアピールされているのです。

PA080176.jpg

鳥取県日野町で作られた貴重な原木シイタケを使った
「奥日野きのこのコンフィバーガー」
食べてみたいと思わせてくれる、印象的なアピールでした。

PA080192.jpg

「大山パークウェイハーブチキンの南蛮バーガー」
今年は新作「柚子みそ餡ジュレ」を加えた2種類の味で参戦。

PA080190.jpg

手作りのパネルで
「大山パークウェイ」の魅力をアピール。

PA080199.jpg

バーガーを購入されたお客さんを
チェキでパシャりと撮影。
どうするのかと思いきや・・・

PA080201.jpg

バーガーやパークウェイに向けての
コメントを書いてもらい、パネルにどんどんと展示。
「バーガーで繋がる、おいしい笑顔」と題して
お客さんのコメントが
地域おこしに繋がることができるという、素敵な企画!

地域の食材を使ったご当地バーガーというものが定着してきた今、
そのバーガーに新たな魅力を引き出させるものとして
非常におもしろく、注目すべき企画だなと思いました。

PA080179.jpg

大山の地ビールを使った
「大山Gバーガー」のブース。
ちなみに「大山Gビール」は
会場内でも発売されていました。

PA079986.jpg

せっかくなので、頂いちゃいました(笑)

PA079991.jpg

もちろん、審査終了後にですよ!

PA080203.jpg

大阪から参戦「鶴橋バーガー」

PA080209.jpg

店頭に豪快に盛られたプルコギとキムチの山!笑

PA080213.jpg

我らが東海地方からは
名古屋大須にある「ロコバーガー」の
「チキン味噌カツバーガー」

PA080369.jpg

ずらりと長い行列が絶え間なく続くという人気ぶり!
見事グランプリ第10位を獲得しました。

PA080219.jpg

栃木県足利市からやってきた
「足利名物ポテト入りやきそバーガー」
「焼きそば大好き関西人」である私としては、
ひそかに注目していたバーガーです。

PA080275.jpg

手作りのパネルがとっても素敵な
山口県の「柳井バーガー」

PA080268.jpg

お名前はわかりませんが
おそらくご当地のキャラクターと、
柳井バーガーのお姉さんを記念撮影♪

PA080270.jpg

今回のバーガーフェスタには、
とうとうバーガーではなく「ホットドック」が登場。

「大山ルビーミルフィーユカツバーガー」
名前はバーガーですが、見た目は明らかにホットドックです(笑)

PA080280.jpg

岡山県からやって来た「総社ドッグ」
こちらは名前まで完全にホットドックです(笑)

PA080283.jpg

PA080286.jpg

トマトソースがベースということで、
赤い服でまとめたみなさんが次々と
ホットドックを作っています。

バーガーでなくても受け入れてしまうこのおおらかさが
「とっとりバーガーフェスタ」の素敵な魅力のひとつです!

PA080291.jpg

世界的に有名な神戸ビーフを使った
「GAVLY神戸牛極みバーガー」

PA080287.jpg

神戸ビーフを取り扱う証しもしっかりと掲示。

PA080284.jpg

鉄板で焼かれる大量のパティ。
肉の香りがたまりません!
写真を見ているだけでもお腹がぐぅ〜っと鳴りそうです。

PA080307.jpg

肉では負けていないのがこちら。
山口県からやってきた「錦帯ステーキバーガー」

PA080316.jpg

なんと超巨大ステーキ肉を!
なんと丸々1枚!
なんと1枚225g!豪快に焼いております!

PA080308.jpg

チケット9枚と、今回のバーガーフェスタでは最高値でしたが、
納得どころか、それでも安すぎるのではないかと思ってしまう程の
ゴージャスバーガーでした。

PA080302.jpg

昨年のとっとりバーガーフェスタでは、
審査員の一人に
「今まで食べたバーガーの中で一番うまい!」と言わしめた
鳥取県の「琴浦あごカツカレーバーガー」

PA080303.jpg

昨年第4位という実績とそのおいしさを
大きなPOPでアピールしています。

PA080323.jpg

同じく琴浦町から。
「東伯和牛と大山どりの琴浦ツインバーガー」は、
町内で開催された「琴浦バーガー王者選手権」
見事グランプリに輝き、
「とっとりバーガーフェスタ」に満を持して参戦。

今年のバーガーフェスタでは
おもしろい傾向を発見。
キーワードは・・・
「♡」

PA080298.jpg

福岡県からの
「こうげ愛(LOVE)バーガー」

PA080322.jpg

そして鳥取県からの
「もさバーガー~恋人の聖地編~」

いずれのバーガーをのカタチをしたバンズで
「わが町への愛」「恋人の聖地」をアピール。

PA080336.jpg

京都からは、昨年のバーガーフェスタでも
大人気を博した「九条ネギバーガー」

PA080333.jpg

今年は秋らしく、そして京都らしく
「生麩」をトッピングした
新バージョンでグランプリを狙います。

PA080337.jpg

「とくしまバーガー」今年はとくしまバーガー協同組合を中心に
参画店舗がドリームチームを結成し、
バーガーフェスタだけためのオリジナルバーガーを開発。

PA080338.jpg

当日までベールに包まれていた詳細。
キーワードはこの「フィッシュカツ」です。

###

次回は「とっとりバーガーフェスタ」に出展した
全33チームのご当地バーガーをすべてご紹介します!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。