--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/30

#696 新モスバーガー 新テリヤキバーガー(モスバーガー)

P4237107.jpg

「モスバーガー」

URL http://www.mos.co.jp/

4月23日、「モスバーガー」のパティが新しく生まれ変わりました。

これまでの牛豚合挽き肉から、牛肉100%に変更。
またこれに合わせて、各バーガーに使用されているソースも
パティに合うよう刷新されました。

P4237116.jpg

P4237115.jpg

今回パティが牛肉100%になったのは、
「とびきりハンバーグサンド」シリーズを除く、
パティを使用したハンバーガー。
つまり「とびきりハンバーグサンド」シリーズは
国産牛豚合挽き肉で、変わりません。

そして、パティに合わせてソースが刷新されたのは、
「モスバーガー」シリーズの「ミートソース」、
「テリヤキバーガー」シリーズの「テリヤキソース」、
「モス野菜バーガー」シリーズの「オーロラソース」の3種類。

まずは、パティが新しくなる直前、
合挽きパティの食べ納めとして頂いた「モスバーガー」を頂きます。
→「#695 モスバーガー(モスバーガー)」

P4237111.jpg

「新モスバーガー」

P4237109.jpg

まずは、今回リニューアルしたポイントを
モスバーガーのホームページから要約すると、

「パティ」
•牛肉の肉粒感とジューシー感にこだわったパティ
•オーストラリア東部で飼育されている牛
•味覚テストや検査によると、これまでより旨みが増し、
ジューシー感が長持ちする

「ミートソース」
•トマトの味わいを強調し、旨みとコクをより感じられるソースに
•従来のモスバーガーよりも全体の味わいが強く感じられる

P4237113.jpg

まずはパティから。
ビーフ100%ということで、肉々しさがより強調されているのではと
想像していましたが、実際は以前のパティとあまり変わらない印象。
食感もやわらかくジューシーなのは、以前と大きな変化は感じられず。
ただ、"ソースがおいしい"モスのハンバーガーに
肉の味わいが強調されたパティは合わないのではないかとも思っていたので、
以前と変わらないやさしい味わいが感じられたのはよかったなと思いました。

続いてミートソース。
以前のミートソースは、トマトの旨みの中にスパイシーさが強く感じられましたが、
新ミートソースは、トマトの甘みと酸味の方が
強く感じられるようになりました。
ソースの粘度も以前より強くなっているそうで、
確かにバーガー袋の底にあまりソースが溜まってない。
つまりソースが垂れにくくなって、食べやすくなりましたね。

続いては、こちら。

P4237099.jpg

「新テリヤキバーガー」

1973年、日本のハンバーガーチェーン店で初めて
「テリヤキバーガー」を発売したモスバーガー。
そんな元祖テリヤキソースも、今回新パティに合わせてリニューアルされました。

ホームページからポイントを要約すると、

•味噌と醤油の味わいを強め、ソース全体の味を濃くした
•甘みを抑えることでさっぱりとした味わいに

P4237103.jpg

先ほどの「モスバーガー」と比べて、ソースの変化がわかりやすいかも。
確かにソースの味が濃くなったように思います。
テリヤキソースには、赤味噌、白味噌、
そして醤油を使用しているそうですが、
以前より味噌の味が強く感じられるようになった印象。
味噌の甘さが濃厚で、まったりとした味わいが広がります。
たっぷりのレタスとパティに、濃厚になったテリヤキソースは
バランスもよくおいしいですね。

登場から40年を経て、いまや不動の人気を誇る「モスバーガー」の定番商品。
以前のままでも十分おいしかったのに、
時代の変化とニーズに合わせ、つねに新しい味を追求し挑戦しつづけていく
「モスバーガー」の姿勢にはとても好感がもてます。
新しくなった「モスバーガー」を、ぜひ皆さんも食べてはいかがでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。