--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/08

家族で淡路島へ行ってきました 前編

P8020219.jpg


より大きな地図で 淡路島周遊 を表示

私の実家がある兵庫県明石市から
瀬戸内海を挟んで対岸に見える"淡路島"。
夏は海水浴、冬は水仙郷など、
自宅から目と鼻の先にあった自然溢れる島に
子どもの頃からよく遊びに行っていた思い出のある島です。

そこで今回は淡路島の自然を満喫し、
さらに島内8店舗で発売しているご当地バーガー
その名も「淡路島バーガー」を食べ歩く
日帰り旅行に出かけてきました!

P8020006.jpg

以前は明石から淡路島までフェリーが通っていたのですが、
残念ながら廃止になってしまい、
今では旅客のみの高速船が運航されているのみ。
車で関西から淡路島へ行くには
「明石海峡大橋」を通るのが唯一のルートです。

P8020063.jpg

淡路島に上陸して最初のサービスエリアが
「淡路SAハイウェイオアシス」
サービスエリア内にある大観覧車は、
全高65m、海抜135mの高さから
明石海峡大橋はもちろん神戸空港まで見渡すことができます。

P8020034.jpg

運がよければ、なんと足下まで景色が見渡せる
"シースルーゴンドラ"に乗れるかも!

P8020026.jpg

世界一の長さを誇る吊り橋である
「明石海峡大橋」を吊り上げるメインケーブルの実物が
展示されていました。

P8020031.jpg

息子と比べるとこんなに太い!
直径112cmのメインケーブルは、直径5.23mmのワイヤー(素線)を
なんと『36830本』も束ねてあるのだそう!
しかもその5.23mmの素線1本で乗用車3台を吊り上げられるほどの
強度があるというのですから、驚きです!

P8020042.jpg

ここ「淡路SA」でさっそく「淡路島バーガー」を発見!
本日1つめの「淡路島バーガー」を頂きました。

P8020059.jpg

「玉ねぎカツバーガー」

→詳しくは後日ご紹介します・・・

###

淡路SAをあとにし、高速道路をひたすら南へ。
まずは淡路島最南端にある「大鳴門橋記念館」を目指します。

P8020064.jpg

淡路島と徳島県の間にある鳴門海峡。
鳴門海峡といえば"うずしお"ですが、
その"うずしお"の仕組みを紹介した"うずしお科学館"があり、
その他土産物店、2Fにはレストラン、
さらに3Fは鳴門海峡が見渡せる展望台となっています。

P8020067.jpg

淡路島らしく、たまねぎ柄の自販機に目がいってしまいました。
ジュースでなくて"たまねぎ"が売っていたら完璧なのになー(笑)

P8020066.jpg

今回の淡路島日帰り旅行の大きな目的が、
ここ「丘の上のつみとり園」でブルーベリー狩りをすること。

P8020070.jpg

P8020069.jpg

「丘の上のつみとり園」では
旬の果実や野菜の収穫体験ができます。
今期は7月~8月31日までの営業。
「ブルーベリー」と「ミニトマト」の収穫が楽しめますよ。

P8020072.jpg

受付を済ませて、いざ園内へ!

P8020149.jpg

P8020178.jpg

すごーい!!鉢にはえた背の高い木がいっぱい並んでますが、
これ全部「ブルーベリーの木」です!

P8020111.jpg

おいしそうなブルーベリーの実がいっぱい!

P8020098.jpg

どれも同じブルーベリーに見えますが、
実は園内には様々な品種のブルーベリーがあるそうで、
それぞれ甘みが強かったり、酸味が強かったり、さっぱりしていたりと
ブルーベリーの味が違うのです。

まずは、自分のお気に入りの味がするブルーベリーを見つけましょう。

P8020085.jpg

おいしそうな実をみつけたら・・・

P8020086.jpg

プチッと簡単に採ることができますよ。

P8020088.jpg

そのままお口にあーん・・・

ブルーベリーは無農薬で育てているので、
そのまま食べてもまったく問題はありません♪

P8020076.jpg

子ども達にも、つみとり園の園長さんが
おいしいブルーベリーの採り方を教えてくれるので安心。

P8020105.jpg

こうやって下から見上げるようにして探す方が、
おいしいブルーベリーが見つかりやすいんですって。

P8020151.jpg

P8020133.jpg

大人じゃ潜れないところまで行って
おいしい実を見つけられるのは、子ども達の特権ですね。

P8020144.jpg

P8020141.jpg

私もですが、園長さんも子ども達を写真撮影中。
これもお仕事なんですよね。

P8020191.jpg

あれれ、園長さんもブルーベリーをつまみ食い(笑)
あら?どこかでお会いしたことある?
そう、実は3月に参加させて頂いた「淡路島バーガーフェスタ」で
一緒に競演させて頂いた「淡路島バーガー食べ隊」の西庄さんが
園長の正体なのでしたー!

→カテゴリ「淡路島バーガーフェスタ2013」


P8020081.jpg

P8020125.jpg

おっ!おいしそうな実が採れたね〜

P8020168.jpg

小さな手の中にブルーベリーがいっぱい!

P8020169.jpg

息子は・・・
エエッ!?めちゃくちゃ採れたね!

P8020171.jpg

家族の中で一番夢中になって
ブルーベリーを探していました(笑)

P8020117.jpg

ブルーベリーだけではなくて、
こんなに真っ赤でおいしそうなミニトマトも
収穫体験できるんです。

P8020119.jpg

P8020139.jpg

娘はトマト大好き!
ちなみに息子はトマトが苦手・・・

子ども達はいつまでも元気ですが、
大人達は少し疲れてきました。
園内奥のベンチでひと休み。
高台にあるつみとり園からは
鳴門海峡がきれいに望むことができます。

P8020193.jpg

海から穏やかな風も吹いてくるので気持ちいい!

P8020195.jpg

家族4人、2時間弱でこれだけ収穫して、
お腹いっぱいにブルーベリーを食べました♪

P8020197.jpg

さあ、実は最後にもうひとつお楽しみが待っています!

P8020199.jpg

収穫したブルーベリーをお姉さんに預けて、
持ち帰りの容器から溢れたブルーベリーをそのままカップの中へ。
そして・・・

P8020204.jpg

P8020206.jpg

「ゴゴゴゴゴゴッ!」

できあがったのは、そう!

P8020215.jpg

「ブルーベリーシェイク」です!

P8020207.jpg

一汗かいたあとのシェイクは
めちゃくちゃ美味しいですね!
なんてったって、採れたて生のブルーベリーを使っているので
味が濃厚で濃厚で!幸せ〜♡

P8020219.jpg

子ども達はもちろん、大人の私たちも
とっても楽しんでブルーベリー狩りができました。
ありがとうございました!

「丘の上のつみとり園」
http://www.hachiue.jp/

###

たくさん動いてお腹も空いてきたので、
ここで本日2つめ、3つめの「淡路島バーガー」を、
「大鳴門橋記念館」にある「淡路オニオンキッチン」で頂きました。

P8020257.jpg

P8020245.jpg

「淡路オニオンビーフバーガー」

→詳しくは後日ご紹介します・・・


淡路島日帰り旅行は、まだまだ続きます!
後半へ続く。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。