--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/09

家族で淡路島へ行ってきました 後編

P8020427.jpg


より大きな地図で 淡路島周遊 を表示

淡路島日帰り旅行、前半では「淡路SAハイウェイオアシス」、
「丘の上のつみとり園」でのブルーベリー狩りをご紹介しました。
後半は、今春「淡路島バーガーフェスタ」でお邪魔した
「イングランドの丘」へ再び訪問。
さらに、淡路島はご当地バーガーだけではない!
絶品「ご当地牛丼」も頂いてきましたよー

P8020263.jpg

続いては、南あわじ市にある
「淡路ファームパーク イングランドの丘」へ。

P8020268.jpg

農業体験や動物とのふれあい、
島グルメも食べられる自然いっぱいの農業公園です。

P8020269.jpg

P8020271.jpg

P8020272.jpg

ここでも「淡路島バーガー」が頂くことができます!

P8020278.jpg

園内では「ひまわり」がちょうど見頃。
真っ青な淡路島の青空に、色鮮やかなひまわりが美しい。

P8020279.jpg

今回の目的は、そう「コアラ」です。

P8020266.jpg

昨年の8月、イングランドの丘では10年ぶりに、
さらに南方系コアラとしては22年ぶりに
コアラの赤ちゃんが誕生。
先日には名前が「そら」くんに決まりました。

P8020285.jpg

そんなコアラ達は、ここ「コアラ館」にいます。

P8020288.jpg

はい。みーんな木の上で寝ていました〜(笑)
コアラは木の上で1日18時間以上も寝ているそうですからね。
活動している所を見るのはなかなか難しそう。
後で調べてみたら、夕暮れ頃に起きて
活動をし始めるらしいですよ。

P8020281.jpg

まっ、コアラが寝ていても
子ども達には関係ないようですね(笑)

P8020313.jpg

イングランド丘では、他にもこのように
動物と直接ふれあうこともできるんです。

P8020317.jpg

P8020323.jpg

うさぎも、モルモットも、かわいかった♪

さて、そろそろ小腹が空いてきた頃かなと。
ここで4つめ、5つめの「淡路島バーガー」を、
園内にある「コアラ島バーガー」で頂きました。

P8020355.jpg

P8020337.jpg

「プレミアム島バーガー」

→詳しくは後日ご紹介します・・・

「淡路ファームパーク イングランドの丘」
http://www.england-hill.com/

###

まだまだ見たい所はたくさんあったのですが、
次に行きたい所も合ったので、ここで「イングランドの丘」とはお別れ。

続いては、洲本市にある
「たこせんべいの里」へ。

P8020363.jpg

「たこせんべい」を製造するところを工場見学でき、
さらに様々な種類の「たこせんべい」の
直売も行っています。

P8020364.jpg

広々としてゆったりとした館内。
それぞれ「たこせんべい」は試食が無料!
試食しながら自分好みの「たこせんべい」を
選ぶことができます。
さらに館内奥では無料コーヒーも頂けるので、
少し運転に疲れてきたらいい休憩スポットにもなります。

P8020366.jpg

この日は残念ながら「たこせんべい」の製造は
すでに終了していて、作る所は見ることができませんでした。

P8020365.jpg

実際にはこのように「たこせんべい」は
製造されているようです。

「たこせんべいの里」
http://www.takosato.co.jp/

###

おみやげもたっぷり購入して、次の目的地へ。
淡路島をさらに北上し、一番本州に近い最北端の地を目指します。

P8020402.jpg

それがここ「道の駅あわじ」です。

P8020385.jpg

「明石海峡大橋」の真下に位置し、
下から橋を見上げることができるのです。

P8020393.jpg

巨大な橋に、息子もしばし見とれていました・・・

P8020399.jpg

「明石海峡大橋」は全長3911m、
ケーブルを支える2つの主塔間の長さ1991mで、
この長さは世界一を誇ります。
また、主塔の高さは海面上約300m。
これは東京タワー(333m)とほぼ同じ高さです。

そんな世界一の吊り橋「明石海峡大橋」のたもとでも
「淡路島バーガー」が頂けます。

本日6つめの「淡路島バーガー」は
「道の駅あわじ」で頂きました。

P8020375.jpg

「淡路牛カレーバーガー」

→詳しくは後日ご紹介します・・・

###

続いては、淡路島で人気のご当地丼、
その名も「淡路島牛丼」を頂きにいきます。

P8020416.jpg

淡路島の北西に位置する淡路市富島地区にある
「淡路飯店 真心(マミー)」へ。

P8020404.jpg

ラーメン、ギョウザから定食まで揃う、
町の中華料理店です。

P8020406.jpg

こちらで頂ける「淡路島牛丼」は、
その名も「島っ子丼」

IMG_7914.jpg

そもそも「淡路島牛丼」とは、
2008年に淡路島が誇る淡路牛、淡路たまねぎ、淡路米を使った牛丼を、
新たなご当地グルメとして全国に発信しようということでスタート。
現在島内の53店舗が参加し、
各店舗ごとに工夫を凝らした「淡路島牛丼」を提供しています。
大きなルールとしては
淡路牛、淡路たまねぎ、淡路米を使用すること。
そして牛丼を通じて淡路島の食材の素晴らしさを伝え、
淡路島のファンを増やすことです。

「淡路島牛丼プロジェクト」
http://www.awa-gyu.net/

P8020409.jpg

前編でご紹介した「丘の上のつみとり園」の園長さんから
おすすめのお店をいくつか教えてもらい、
今回はここ「淡路飯店 真心(マミー)」にお邪魔しました。

さあ説明はこれぐらいにして、
丼のふたをオープンしちゃいましょう!!

P8020410.jpg

「島っ子丼」

うわぁ〜!!これはおいしそう!!

P8020413.jpg

中華料理店らしく、中華鍋で豪快に焼き上げた淡路牛。
少し甘めのタレが肉の旨みをより引き立てます。
分厚くカットした淡路島たまねぎはやわらかく、
甘みが口の中に広がります。

P8020414.jpg

生卵をからめると味がまろやかに。
まるで"すき焼き"のよう!
ボリュームもたっぷりでお腹いっぱい!
これで950円は納得のお値段です。おいしかった!

###

最後は、再び「淡路SAハイウェイオアシス」へ。

P8020428.jpg

すっかり陽も暮れ、
明石海峡大橋のライトアップがきれいに輝いていました。

P8020427.jpg

他にも行きたいスポットはいっぱいあったのですが、
とても1日では周りきれませんでした。
それほど見所が満載、おいしい食材もいっぱいある淡路島。
身も心もお腹も大満足!楽しかったです。

また来ます!LOVE淡路島!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。