--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/30

#913 カウボーイカレー

P4277999.jpg

「カウボーイカレー」


より大きな地図で 西日本 HAMBURGER MAP を表示

住所 兵庫県神戸市西区神出町小束野58-101
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00
定休日 水曜日
URL https://www.facebook.com/CowboyCurry.Beef

神戸市西区にある行列のできるカレー専門店「カウボーイカレー」
国道175号線を北へ走り、"小束野北"交差点を右へ入るとすぐ。
明石市からは車で約30分。三木市とのほぼ境目という郊外にお店はあります。
普段は「カレー」がメインのカレー専門店ですが、
4月限定で「兵庫ハンバーガー協会」とコラボしたスペシャルバーガーが登場。
東海ハンバーガー協会がお送りするUstream番組「HAMBURGER WORLD TV」でも紹介させて頂きました。

P4277980.jpg

先ほどご紹介した通り、国道から1本入った道沿いにお店はあるのですが、
「こんな所にカレー屋さんなんてあるの?」と心配になるほど、まわりには何もない細い道を行くと
ぽつんとお店が見えてきますので、ご心配なく(笑)

P4277982.jpg

それでも土日のランチタイムを中心にお店の前は大行列!
それもそのはず、あの「食べログ」の
『神戸市のカレー店ランキング』『兵庫県のカレー店ランキング』で第3位に入っているほどの人気店!

P4277983.jpg

『豚でもない!鶏でもない!牛と野菜なの!』

実は「カウボーイカレー」はカレー店・・・にもかかわらず、なんと牧場を持っており、
そこから直接牛肉を仕入れているので、新鮮でかつ美味しい和牛を格安なお値段で食べることができるのです。

P4277985.jpg

こちらがメニュー。

P4277986.jpg

「カウボーイカレー」の人気の秘密、それはここでしか食べられないオリジナルカレー。
その名も「アメリカン・ワイルド・チョコレートカレー」。
さっそくまずは、そのオリジナルカレーからご紹介しましょう。

P4277994.jpg

「カッパカレー」

見た目真っ黒なカレーですが、黒の正体は・・・
なんと「ビターチョコレート」。さらに「牛骨スープ」と「オリジナルスパイス」。
この3つが「カウボーイカレー」の特徴なのです。

コクが濃厚でスパイシーで、それなのに辛くない。辛くないけどめちゃくちゃ美味しい!
以前家族でお邪魔したことがあるのですが、辛いのが苦手な4歳の娘が同じカレーをペロッと食べちゃいました。
それほどに辛さはないのに、スパイシーで濃厚なコクで美味しいんです。
『濃厚なコクでスパイシー』もう3回も言っていますが、ぜひ皆さんにも食べてみて頂きたい。
今までに食べたことのない、おいしいカレーに出会えると思います!

P4277993.jpg

さらにこのカレーの名前「カッパカレー」。
あの「カッパ」の肉が入っている。訳ではありません(笑)
「カッパ」というのは牛肉の部位のひとつで、『牛の前腹の皮と脂身の間にある赤いスジ肉』のことだそう。
『「雨ガッパ」のように、皮下脂肪のさらに外側に、薄く服を着ているように付いている部位』だから
「カッパ」と呼ばれるようになったのだそう。
※参考 http://www.pulgogi.net/

そんな稀少な「カッパ」をとろとろになるまで煮込み、カレーの中にたっぷりと入っています。

P4277996.jpg

口の中でとろけるような食感。とろとろでさらに旨みが濃厚で美味!
肉の旨みや脂がカレーに入ることでより旨みが濃厚になり、
さらにカレーの味も変わってくるのがおもしろい所ですね。

P4278014.jpg

さあ、続いては「カウボーイカレー」と「兵庫ハンバーガー協会」がコラボしたスペシャルバーガーをご紹介。

P4277999.jpg

「BLACK BIG BOSS BURGER」

カウボーイカレー直営牧場から仕入れる「カウボーイハーブ牛」。
その名の通り、エサにはハーブを食べさせ、さらにミネラルたっぷりの天然水を飲んで
丁寧に育てられた上質な牛肉の「1枚肉」を使用。
それを包丁でひたすらチョップ!チョップ!
肉が広がってきたらそれをぎゅっと固めて再びチョップ!チョップ!
これを繰り返すこと、なんと「1000回」。
1000回チョップしてできあがったパティは、まるでミンチ肉のような食感をもたらし、
肉の旨みと食べ応えはまさにステーキなのです。

300gというサイズにもこだわりが。これ以上大きくても、小さくてもいけない。
数々の試作を重ね、この「300g」という数字にたどりついたのです。

P4278000.jpg

バンズは、神戸市北区にある「麦のわ」製。
カウボーイカレーの真っ黒なカレーをイメージして作られたバンズは、
中に"ブラックカカオ"を練り込んだチョコレートバンズ。
チョコレートといっても甘さはまったくなく、カカオの苦味が効いたビターな風味が
肉の味をかき消すことなく主張してきます。
さらに300gあるパティを支えるために、結構ハードな食感に。
これはバーガー発売後も改良を重ねて行って、今回の完成系にたどり着いたのだそう。

P4278002.jpg

野菜は"スライスオニオン"だけ。シンプル。
そこに熱したガーリックオイルをかけて、味にパンチを効かせます。
さらに隠し味として、食べ進んで行くうちに"わさびソース"がほんのりと効いてきます。
このわさびの風味が肉の旨みと合体すると、不思議と辛みではなく"甘さ"のように感じるのです。
わさびの風味が、肉々しい中に一瞬さわやかさを感じさせてくれる、清涼剤のような役割。

P4278009.jpg

パティが300g、さらにバンズだけでも120gあるそうで、
これまで食べてきた中で一番の重たさです。
さすがに私でも後半はお腹がいっぱいになってきました。
番組内でも感想として言いましたが、まるでフードファイトをしているような苦しさ(笑)
それでも自然にどんどんと食べ進んでいってしまい、ペロッと完食しました。

P4278007.jpg

ハンバーガーを完食しても、まだサラダとポテトチップスが残ってますよ(笑)
もちろんあとで残さず頂きました!

この肉の質とボリュームで、1つ1500円で提供されていたのです。
300gのステーキ1枚食べたのと変わりないのですから、かなりお得でしたね。
兵庫ハンバーガー協会の隼人さんが何度も繰り返し言っていました。

『横綱にはなれないけど、横綱を倒せる一撃を備えたハンバーガー!』

まさにその通り!
この特製パティが誕生した秘話、試作段階の裏話など、
「HAMBURGER WORLD TV」の番組内で直接BOSSにお話して頂きました。
ぜひこちらもご覧下さい!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。