--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/14

【秋のおでかけにオススメ】恐竜のまち福井勝山恐竜博物館とアメリカンレストランイーワイズへ

PA113241.jpg

日中は過ごしやすい陽気が続き、日に日に秋が深まってきた今日この頃。
『食欲の秋』『芸術の秋』を満喫するべく、今回は家族で日帰りで福井県へ行ってきました。

IMG_0395.jpg

家族で遠出は久しぶり!しっかり家族サービスしてきます!

台風が日本列島に近づきつつある影響か、3連休の初日にしては車の量は少なめ。
渋滞もなく順調に米原JCTから北陸道へ。

PA113178.jpg

「杉津PA」で休憩。

PA113172.jpg

「杉津PA下り線」は、敦賀湾を見下ろす景勝地にあり、展望台からは絶景を望むことができます。

PA113177.jpg

杉津PAで発見したB級グルメ!福井名物のソースカツ丼を手軽に食べられるスタイルに。
その名も「ソースカツドッグ」
割り箸に"きりたんぽ"のようにご飯を巻き、そこに薄くスライスした豚肉を巻いて、衣をつけて揚げたもの。
甘辛いソースにたっぷり浸ったカツのお味は、まさにソースカツ丼!
人気TV番組にも紹介されたそうで、福井の新しいB級グルメとしてこれからも人気が続きそうです。



名古屋から約2時間半。到着したのは福井市大和田にある「アメリカンレストランイーワイズ」

PA113181.jpg

PA113235.jpg

PA113257.jpg

PA113228.jpg

約3年半ぶりの訪問。その間に店名が「ハンバーガーランド」から現在の名前にリニューアルし、
メニューも大幅に増え、今では福井を代表する人気アメリカンレストランに成長されていました。

→カテゴリ「アメリカンレストランイーワイズ」



イーワイズから約40分。やって来たのは勝山市にある「福井県立恐竜博物館」

PA113275.jpg

その名の通り、恐竜を主たるテーマとした自然史博物館。
なぜ福井県で恐竜なのかというと、勝山市は恐竜の化石が多く出土する手取層群の分布域にあり、
さらに大規模で集中的な発掘が早くから行われてきたから。
「フクイサウルス」「フクイラクトプ」といった「福井」の名がついた恐竜もここで見つかったのです。

IMG_0433.jpg

IMG_0398.jpg

IMG_0412.jpg

IMG_0405.jpg

IMG_0407.jpg

IMG_0438.jpg

40体以上もの恐竜骨格や、標本などが展示されています。

IMG_0411.jpg

大きくて迫力を間近で感じられ、正直恐竜にあまり興味がなかった私でも非常に楽しく見応えがありました。
もちろん子ども達も存分に楽しんでいました。

IMG_0451.jpg

IMG_0449.jpg

恐竜博物館でハンバーガーを発見!その名も「恐竜バーガー」
バンズに"恐竜の足跡"の焼き印をつけた、ご当地バーガーです。
この日は残念ながらすでに売切れ。次回来たときは必ずリベンジしたいと思います!

IMG_0461.jpg

「福井県立恐竜博物館」http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/



すっかり陽も暮れ、そろそろ夕食の時間。福井市内へ戻って伺ったお店は、
ソースカツ丼の元祖ともいわれている「ヨーロッパ軒」の総本店。つまりソースカツ丼が生まれたお店!

IMG_0462.jpg

IMG_0465.jpg

ヨーロッパ軒の創業者「高畠増太郎」が、6年間のドイツでの料理留学の末、
ドイツ仕込みのウスターソースを日本人の味覚に普及さすべく、苦心を重ね創案したのがこの「ソースカツ丼」

IMG_0473.jpg

目の細かなパン粉に包まれているのは、薄くスライスされた豚モモ肉。
サクサクと食感がよく、歯ですーっと噛み切れるほど柔らかい豚肉。
さらにウスターソースをベースにした特製ソースが、カツにもご飯にもたっぷり。
甘辛く濃厚なソースは、きっと誰しもが好きな味!ご飯がどんどん進みます。

「ヨーロッパ軒」http://homepage2.nifty.com/yo-roppaken/

###

今回ご紹介した「恐竜博物館」以外にも「永平寺」や「東尋坊」など、観光資源が豊富な福井県。
ぜひこの秋は「アメリカンレストランイーワイズ」と福井県へお出かけしてみてはいかがでしょうか!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。